あの未来に続く、それだけの人生だなのさ。

読まれなくていい。知られなくていい。ただ残したいんだ、

変わり者、ジレンマ、成れの果て②

 

僕は「変わり者」になった。しかし個性は無い。具体的にどんな所が「変わり者」だったかって?

単に周りがやらないことでウケがいい事をやっただけだ。それ以外は特に考えてなかった。

 

しかし習慣というものは恐いものだ。演じていただけのはずだった「変わり者」の自分を、まるで生まれた時から備わっている個性と勘違いしてしまうのだから。

 

高校生活も慣れてきた頃、僕はアルバイトを始めた。職場には僕の過去を知る人はいない。かりそめの僕の個性は、何故かすんなりその環境に溶け込めた。同年代の人達と仲が良くなるのにも苦労しなかった。

仕事も周りより出来たようで重宝された。

自分は学校より仕事の方が必要とされている。同期の奴らより仕事が出来るし、「変わり者」だからか目上の人からの評判もいい。

僕はアルバイトを次の「居場所」にした。

 

今思い返せば、仕事では「変わり者」といっても遅刻欠勤や自分勝手な振る舞いをするのでは無く、変わったことをするために仕事に関する本を読んだり、効率化に行動力が発揮されており、周りからは言動は変だが勉強熱心なアルバイトという評価だったと思う。

 

そうして月日は流れ、高校を卒業する。

その頃には過去の醜く壊れた、人じゃない何かの僕の面影は無く、多少のアトピーは残っていたが、周りから頼られる事もあるくらいの一人前の人になっていた。

 

卒業後の進路は家庭環境の事情と無知もあって、大学には行かず就職する事にした。

 

選んだ職種は販売職、しかもアパレル業界だ。

その動機は、当時は確かに服は好きだったが、本音は過去に僕を見捨て、差別した奴らに対して社会的に先手を打って、今度は僕がお前らを蔑んでやるという復讐心だったと思う。

 

僕は必死に頑張った。知り合いが成人式がどうこう言ってるのなんて雑音でしかなかった。当然出席せずに仕事だ。

頑張りが認められてエリアの最年少店長になった。全国でただ一人の特別賞与を貰ったりした。

アルバイト時代の「変わり者」の行動力がそのまま発揮され、今でいうPDCAを自然と回せていたんだと思う。資格も取ったりした。

 

同年代で僕は一番になった。学校時代の知り合いで誰も僕には文句を言わない。言ってくるのは嫌味、妬みばかり。ざまあみろと思った。お前らの何百倍の嫌味、妬みを僕はアトピーで苦しんでいた頃、抱えていたんだ。

 

その成功体験の積み重ねが僕の中の「変わり者」の価値観にさらに磨きをかけていった。

 

そしてそれは自惚れへと変わる。

 

会社からも職場からも期待され、これからという時に僕は、他の仕事でも自分の力を試したいと日に日に思いを募らせていた。

 

そして思いが行動に変わった時、僕の人生は狂い始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変わり者、ジレンマ、成れの果て ①

中学生時代、僕は人じゃなかった。重度のアトピーで外見は醜く、終わりのない痒みと痛み。服には数え切れない血の跡。

体を引っ掻く度に身体も心も傷付いていく。

僕は「普通」じゃない。友達という「普通」の人間は僕の周りからいなくなった。

 

人じゃない僕は全てから距離を置いた。この気持ちは誰にも分からない。理解したフリをして安い気休めの言葉を掛けてくる他人を何度も信じた。それに救いを求めるたびに裏切られ、傷を増やした。

 

もう心も身体も傷付きたくない。僕は身体の代わりに壁を引っ掻いた。床を引っ掻いた。これが僕の代わりに傷付いてくれるならと。

 

僕は人の成り底ないだ。不良品だ。人では無いのだ。僕は人になることを願った。

もうその頃には自分がまだ人だと認識されていた頃、一体どんな思考で立ち居振る舞いをしていたか、どんな人間関係の中にいたか、何も思い出せなくなっていた。

 

何とか人のフリを精一杯演じているうちに転機が訪れた。高校に進学する頃、アトピーが引いた。

 

月日にして6年ぶりに僕は人の外見に戻った。初めて会う人が僕を人として接してくれる。今までの人生で人目もはばからず泣いたのはこの時だけだろう。

 

しかし問題があった。人としての生き方が分からない。友達の作り方も、会話の仕方も。

6年間で全てを失くした。学べなかった。

だから僕は人を真似た。いや、演じた。周りの「普通」にしがみついた。

 

身体は人になった。しかし心は元には戻らなかった。他人からも自らも、6年間否定され、傷つき過ぎた心に自我は残ってなかったようだ。

 

「居てもいなくてもいい人」

「存在感が無い」

 

人を通り越して透明人間か。何かの悪い冗談だ。

 

人に戻れた次は人として認めてほしい。人間の欲には底がない。例え僕の様な成り底ないでも。

 

どうすれば認めてもらえるのか。周りを見て考えた。

学校などの集団では、スポーツや勉強が特にできる訳では無いが、しばしば話題の中心になる人がいた。そういう人を周りは「あいつは変わっている」「何を考えているか分からない」

「変人」だと評した。

 

僕は「これだ!」と思った。「普通」がダメなら、あのいつも話題の中心にいる人の様に個性的な、そう「変わり者」になればいいのだ。

 

僕は「普通」と違う行動をした。周りがしない事、反対の事、びっくりする事。

それらをする度に透明人間だった僕に、徐々に輪郭ができ、色がつき、形が分かるように自分という存在が明確になっていくのを感じた。

話題の中心にはなれなかったけど、僕は集団内で「変わり者」になった。そしてそれは僕の「居場所」となった。

 

心に何ともいえない感覚があった。初めてのような忘れていたような、アトピーで人でなかった時には無かった、それ以前かにあった感情。

 

ああそうか、そういえばこれは「嬉しい」というやつだったな。

 

僕は噛み締めた。「もっと欲しい」と生まれて初めて思った。

この感覚を忘れたくないからもう「普通」には戻らないと心に決めた。

 

でも僕は本当は気づいていたんだ。

確かに「変わり者」にはなった。ただそれは「変わり者」の特徴を真似ただけだ。個性があるかどうかは分からない。

もしかしたら「普通」と同じく演じているだけじゃないのか?と。

 

しかしその時は自分の「居場所」の心地良さと、過去に戻りたくないという気持ちから、それ以上は考えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書きたいことが書きたくないこと

私はブログを書きたい。もっと書きたい。書いている、書けているんだ。

しかし書きたいことが書けていない。書けない。

考えていた内容が表現出来ない。書いているうちに意味が分からなくなる。

なぜ書くのか、誰に書いているのか、それが書きたかったのか、その内容は必要なのか、

話は繋がっているか、それが本当に伝えたいこと伝えたいことなのか。

 

私は表現したい。今までにしてきた経験を、その中で気づいた事を、次に活かせる教訓を、

辛い境遇も、これからのことも、もっともっと表現したい。

でもできない。体が書くことに向かわないんだ。

あぁそうか。書きたい気持ちは確かにある。しかし書けないのは、心の奥では判断されているんだ。

 

無意味だと。

 

書いてどうなる?書けたとしてどうなる?表現できた先に何がある?

無意味だ。今までもそうだったじゃないか、分かっているんだろ?

お前は何一つ継続できた試しがない。仕事も、趣味も、人間関係も。

だからこれからも続かない。積み上げない。広がらない。

お前はそういう人間だ。世間ではそういう人間をクズと言うのだろう。

クズは役立たず、そんなものが表現するものを誰が必要とするんだ?

ああ、無意味だ。書くことは無意味だ。ならば今まで経験も、これからの未来も無意味なのか?

 

もう無意味でいい。意味なんて必要な人だけ求めればいい。

これもまた、何を書いているか分からなくなってきた。どんな気持ちで書き始めたかも、何を伝えたいかも分からない。今回も意味のある物に出来なかった。

 

また無意味か。

過去の自分へ送る 1

僕は今まで、身体が“ 健全”だった事が一秒もない。

 
生まれた時からアトピーを含む複数のアレルギーと喘息を現在も患っている。
小さい頃から「病気の調子はどう?」とか「この薬がアトピーに効くらしいよ」とか、明らかに自分は他の子とは何か違うんだなと感じていた。
 
小学六年生の夏休み、アトピーが一気に悪化した。重症患者と言われてもおかしくないくらい酷くなった。
 
痒くて痛くて汚くて眠れなくて、本当に苦痛だった。
 
でも一番ショックだったのは日に日に自分の顔と身体がまるでホラー映画で見たゾンビのように傷だらけでボロボロの、誰にも見られたくない姿に変わって行く事だった。
 
当時家族以外でその状態を始めて見られたのがの夏休み中の親戚の子達だった。
自分はその子達に「お願いだから僕の病気の事をまだ誰にも話さないで。」と言った。
 
でも子供とは残酷なもので、その子達は帰った後すぐに「ヨセイが病気でゾンビみたいだった」と言いふらしたみたいだった。
 
親戚をはじめ、周りの人達の態度が変わった。まるでなるべく関わずに心配だけはしてますよというような距離感で、障害者を扱うような態度で接してくる様になった。
 
学校でも
幼稚園から仲良くしていた友達も、クラスの子達もどんどん離れていった。
 
自分もこんな汚い醜い姿で誰も相手にしてくれないと思い、自ら距離を置いていった。
 
独りになった。地獄だった。
 
朝起きてすぐ、無意識に掻いたの痛みで動けず、学校に行けば他人の目と自己嫌悪で心が痛い。
 
友達とは何だ?青春とは何だ?学校とは何だ?
 
周りも世間もまるで自分たちがそれらの主人公の様に振る舞い、異端を見世物笑い者にして集団の団結心理を結束して僕達私達の人生は素晴らしいとか宣う奴ら。
 
僕の気持ちは一生理解されない世界だと悟った。
 
 

私の歩いてきた道

 

 

言われるがままに

「早く何でもいいから正社員になれ」

「苦労は買ってでもしろ」

「仕事を選ぶな」

「非正規なんて人には言えない」

「いつまで遊んでる気だ」

 

20代前半、景気最悪の中、がむしゃらに自分の個性も気持ちも押し殺して就職活動をした。

 

当時の周りの“大人”達に上記のことを言われ続けた。無知な私はそれが「社会人」と言うものだと思い込まされていた。

 

結果、入社した会社は倒産した。ある会社は職務内容を偽っていた。ある会社は包み隠さず隷属を強要した。

 

残ったのは中途半端な経験と積み重ねた職歴。およそ良い評価のされない低スペックな社会人になった自分だった。

 

そんな自分にかけられた言葉。

 

「そんな会社を選んだあなたが悪い」

「将来をちゃんと考えているのか」

「もっと危機感を持てよ」

「次はいい所に当たるよ」

「時代が悪い」

 

私に“社会人”とは何たるかを語り、就職を急かした“大人”達は跡形もなく消えていた。私は誰の話を聞いていたのだろう?

別の大人も同じことを語る。実践する、消える。

私は何がしたいんだろう?したかったんだろう?

 

幾度も殺し続けた私の個性や本当の気持ちに問いかけたくても、もう心の何処にあるのか、存在しているかも解らなくなっていた。

 

「普通」とは

私は変わり者、変人だった。こだわりが強く頑固、体験主義で興味に対して労力を惜しまず、誰かに話さないと気がすまない、他人の評価も気にしない、常識をまず疑ってかかる自己中心的な性格だった。

 

つくづく和を乱す性格だ。組織には向いていない。

しかし社会人になる為に押し殺した。変わり者では周りと話が噛み合わない。みんなと同じ「普通」になる為だ。

本来の性分を押さえ込むのは簡単ではない。殺して殺して殺し続けた。

 

「普通」にはなれた。でも中身を失くした。

変わり者ではなくなった。しかし何者でもなくなった。

 

個性も自己主張も無く、ただ「普通」を演じる為、自分を殺し続ける日々。ふとした油断で元来の変わり者の意見をすれば異端視され、理解できないと否定される。

 

性格も月日を経れば変わるもの。私は自分の本当の気持ちを他者に話す事が出来なくなっていた。

 

他人の意見と食い違わないように、機嫌を損ねないように、そのためなら自分をまず犠牲にする。自我など微塵もない、

周りが望んだであろう従僕。

 

しかしなぜだろう。周りからまた、異端の目を向けられた。

 

「お前は意見がないのか」

「何を考えているか解らない」

「隠し事をしているんじゃないか」

「あなたを理解できない」

 

変わり者から偽りの普通へ。確かに変わった。無理やり変えた。

しかしどれだけ変わっても周りには

 

認められなかった。

 

変わり者が若い頃、鼻で笑ってぞんざいに扱った「普通・常識」

それを遅れて求め目指したとしても、それは他者に対しては周回遅れの「普通」。全力程度では埋められない距離がある。それを偽りで埋めても所詮付け焼き刃、ボロが出る。

 

それに気づかず殺され尽くした“自分”にもはや自ら肯定できる性分も個性も残っていない。

 

そして現在、世間の“普通”で考えて、年齢的にも変わり者では憐憫の対象となった私は未だに「変わり者」を殺すことで「普通」を保っている。

 

 

つづく